ロシアが使った真空爆弾(気化爆弾)威力は?臓器にダメージ!!激しい殺傷能力!ウクライナ非人道的な爆弾!!

真空爆弾

ロシアウクライナ侵攻5日目ロシアがウクライナに対してジュネーブ条約で禁止されている真空爆弾(気化爆弾)を使用したとされ注目を集めております。

真空爆弾とはどのようなものなのか?その威力臓器に与えるダメージを調べていきます。

ロシアが使った真空爆弾(気化爆弾)威力は?事件の概要の抜粋

ウクライナ、オクサナ・マルカロワ駐米大使は28日、ロシアが使用を禁止されている気化爆弾(サーモバリック爆弾)を使ったと米議員らに語った。大使は記者団に、「ロシアは今日、真空爆弾を使用した。ジュネーヴ条約で禁止されているものだ」と述べた。 BBCはこの主張の真偽を確認できていない。

サーモバリック爆弾は爆発の威力と衝撃波が極めて強い。人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチによると、ロシア・チェチェンで使用されたことがあるという。米CNNは26日、ロシア・ベルゴロド付近でサーモバリック爆弾の発射台が目撃されたと報じていた。

抜粋:Yahoo!ニュース

 

ロシアが使った真空爆弾(気化爆弾)威力とはどのようなものなのか?

機能・性質とその扱い[編集]

破片による被害は少ないが、急激な気圧の変化による内臓破裂などを起こさせる。

燃焼により酸素を消費しつくして窒息死させることもあるなお、1990年代初頭の湾岸戦争において、広範囲の砂漠に分散して砂中に隠れたイラク軍戦車部隊や随伴歩兵らの兵力を削ぐべく同兵器が使用されたが、これにより多数のイラク兵が同兵器作動時に発生する巨大な火球によって塹壕や戦車の中で蒸し焼きになって殺されたり、衝撃波で目立った外傷も無く圧死したり、酸素なしで窒息死したりした[2]

抜粋:ウィキペディア

 

真空爆弾とは広島で使用された核爆弾の威力が16トンに対して今回ロシアが使用した真空爆弾は0.044キロトン=4.4トンになります。広島原爆の被害との比較は難しいですが、記憶に新し2017年シリア空軍基地を壊滅させたトマホーク59弾の1弾の威力が推定0.459トン=(459キロ)となります。

今回ロシアが使用した真空爆弾とは2017年米軍がシリア空軍基地を壊滅させたトマホークの約10倍以上の威力となります。更にその威力のみならず、真空爆弾とは威力より怖い作用が臓器の破壊になります。

衝撃波にて臓器にダメージを与える。更に周囲の酸素を直接爆弾の威力に晒されていなく地下シェルターなどに隠れていても気圧の変化による臓器へのダメージは深刻なものとなり苦痛を伴い死に至らしめる物になります。

ロシアが使った真空爆弾の威力分かりやすく動画で見る

真空爆弾とはかなりの威力があります今回、ロシアが使用した真空爆弾の威力を参考映像をご覧ください。

 

ロシアが使った真空爆弾その威力を公開

真空爆弾とはウクライナ現地の威力が物語ます。

また新しい映像が出ましたら追記していきます 。

ロシアが使った真空爆弾(気化爆弾)の威力と真空爆弾の使用を聞いた世論の声

真空爆弾とは世論の声ロシアが真空爆弾(燃料気化爆弾)を使ったいうことだが、おそらくTOS-1という兵器と思われ、爆発性のエアロゾルを吹き付け、建物の隙間も抜けて爆発。爆風は従来の弾薬の2倍で爆発により高温の雲が現れ、震源地の温度は摂氏800度に達し、爆風と高熱高圧で焼き尽くす最悪の兵器
「人の臓器を無差別破壊する真空爆弾」って。いくらなんでも真空爆弾の説明雑すぎでしょ。どんな爆弾でもくらったら臓器死ぬわ。 真空爆弾は急激な圧力変動による内臓破裂、衝撃波による圧死、燃料気化の時に周囲の酸素を多量消費することによる窒息死など引き起こす怖い爆弾です。
真空爆弾という名称はあまり一般的ではなく、燃料気化爆弾(Fuel Air Explosive)というもので、酸素と速やかに反応して空中で連鎖的に大爆発を起こす兵器で、熱線でのダメージの他、気圧変化や有害ガス、低酸素などでエリアを絶対死滅させる強い殺意の塊

真空爆弾とは使用した世論の声を聞いても非人道的で厳しい声が寄せられております。

更なる情報が出て気次第追記していきます。

まとめ

戦争で使用される爆弾の威力はどれも殺傷能力が高いものとなり悲しい結末をもたらすものになります。爆弾の種類や威力を調べればその分悲しみの数も増えることがわかりました。真空爆弾の威力、そのむごさを知り真空爆弾のような爆弾が使用されなくて良い状況になることとを心より願います。

また新しい情報が分かり次第追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました